プロ対局を勘違いしている人の為に(私見やけど・・・)今回は書いていこうと思う。

 

前回も書いたように、プロと一般の我々とでは「一打一打の意味」がまるで違ってくる。

大きなことを言うなら、「プロの一打は人生に影響を与える一打」になりかねない。

ゲーム性上、不意な一打で急転直下するのが麻雀だ。

そんな一打に意味を持たせ、自分自身が納得できる一打を打つ為に場況を読む、相手の手材料をを読む、後悔する可能性もある、そんな一打に時間をかけることを揶揄することはあまりにも無粋ではないだろうか?

 

そして、強烈に勝ちたい気持ちで打っている。

そんな気持ちが前面に出ることに何故批判が出るのか?

多少の強打、他家に上がられて悔しがる、ツモ上がれず表情に出る・・・

そんなにおかしいことだろうか?

 

もし、プロ野球を観ていて、三振をした選手がくやしがったら批判するだろうか?

三振を取った投手が吠えたら批判するだろうか?

批判する人もいるだろうが、それは観戦マナーとして正しいだろうか?

 

麻雀観戦も同じだと思う。

手本になるように打つってのは必要だが、我々の普段打つ麻雀とは別物として見た方がいい。

打つ場所も違えば、打つ相手、打つ意味も違う。

プロが雀荘にゲストで来た場合、マナ悪な人などほぼいないぞ。

 

見た目のマナー指摘以前に観戦マナーを正すべきやとワイは思う。。。